親子で簡単に作れるボタニカルキャンドル

こんにちは。

スタッフの久保です。

本日はとても暖かく
春のような天候ですね。

暦の上ではもう春ですが
今週半ばにはまた気温が下がるそうです。。。

寒い日が続きますと
お家から出るの嫌になってしまいますよね。

そんなときはお家で
お洒落なインテリアを手づくりしてみませんか。

親子でカンタンに作れる植物を使ったお洒落な
「ボタニカルキャンドル」の作り方のご紹介します。

ボタニカルとは植物のことで、
キャンドルに花やグリーン、
果物などさまざまな植物を閉じ込めたものが、
ボタニカルキャンドルです。

植物の種類やカラーによって風合いが変わる
アート的な要素があり、
素敵なインテリアにもなります。

また、大きさや形、中に入れる植物の種類などで、
様々に表情を変えます。

それでは材料のご紹介です!

・使用済みロウソク
(無い場合は新しいロウソクでOKです!)
・押し花、ドライフラワー、ブリザーブドフラワー等
・エッセンシャルオイル(無くてもOKです!)
・ガラス瓶やアルミカップ
・割り箸
・座金(芯を固定するもの)

ほとんどのものが100円ショップで購入できますね。

ちょうどいい大きさのアルミカップがなかったので
マフィンを作るカップを購入しました。

次に作り方のご紹介です。

◇ 1 ◇
ロウソクを湯せんで加熱して溶かし、
エッセンシャルオイルを落として混ぜます。

◇ 2 ◇
少量のロウを筆にとって、
表面に見せたいお花などを
ガラス瓶内側に貼り付けていきます。

ロウソクによっては
すぐに乾いて固くなってしまうため
貼れないときは写真のように
好きなところに配置してください。

◇ 3 ◇
下は座金、上は串や割りばしなどで、
芯の位置を固定して、
1のロウソクを注ぎます。

◇ 4 ◇
完全に冷えて固まったら、
芯を適当な長さにカットして
できあがりです。

瓶で作った場合はこのまま使えますよ。

麻ひもを付けてみましたが
他にもアレンジができそうですね!

カップで作ったものは
固まった後に取り出して完成です。

口の小さな瓶では
配置するのが少し難しかったです。。。

次は香りやデザインを変えて
試してみようと思います。

ロウソクを溶かす際には
お湯で火傷しないように
お気を付けてください。

ギャブハウス足利では、
お家で過ごす時間がもっと好きになる、
家族のお気に入りが詰まった
こだわりの空間のご提案をいたします。

ぜひお気軽にご相談ください。

View this post on Instagram

. ディテールにもこだわった アンティーク調の棚受け。 お部屋のアクセントに。 HP:http://gab-ashikaga.com/ facebook:https://www.facebook.com/GAB.ASHIKAGA/ blog:http://gab-ashikaga.com/blog/ #足利市 #足利 #佐野市 #佐野 #太田市 #太田 #栃木県 #注文住宅 #住宅 #一戸建て #新築 #リフォーム #リノベーション #カフェスタイル #シャビーシック #フレンチハウス #アンティークスタイル #エイジング #ブリックタイル #アイアン #アンティーク #プロヴァンス #北欧 #モルタル造形 #塗り壁 #gabhaus #gabhaus足利 #ギャブハウス #ギャブハウス足利 #エヌズプランニング

A post shared by ギャブハウス足利 / 栃木 足利 佐野 / (@gabhaus_ashikaga) on

————————————————————————
ギャブハウス足利
株式会社エヌズプランニング
HP:http://gab-ashikaga.com/
facebook:https://www.facebook.com/GAB.ASHIKAGA/
blog:http://gab-ashikaga.com/blog/
instagram URL:https://www.instagram.com/gabhaus_ashikaga/
istagram ID:gabhaus_ashikaga
—————————————————————————

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です